CREAMサポートブログ | はじめてのメディアサイト運用に

「ログインして続きを読む」を設定する方法

「ログインして続きを読む」を設定する方法

CREAMには、記事を会員限定に公開する機能があります。 限定メンバーのみに情報を提供したいときや、会員限定記事の特典を用意することで新規会員の獲得に繋げたいときに使用します。


[ログインして続きを読む]ボタンをクリックするとログインページへ移動します。ログインしているとボタンは表示されずに、記事の全文を読むことができます。

ボタンの表示は各記事で設定することができ、好きな位置に挿入ができます。

1. 機能の有効化

はじめに、記事の表示制限機能を有効化します。

管理画面[詳細設定]>[さらに詳細な設定]を開く>記事の表示制限機能:制限表示モード[有効にする]>[変更]

制限表示ボタンのデフォルトテキストは、未入力でも構いません。
ここで設定しても、各記事で個別に指定することもできます。

2. 機能の呼び出し

「ログインして続きを読む」を設定したい記事の新規作成画面または編集画面で、機能を呼び出します。

管理画面[記事作成]>表示制限モードを使用する:チェックを入れる>必須項目を入力して[保存]

チェックを入れたら、仮で良いのでタイトルを入れて、一度「保存」します。保存だけでは、公開はされません。

3. ボタンの挿入

機能を呼び出しておくと、[リンク]コンテンツに[続きを読むボタン]が追加されます。

記事作成画面で「続きを読む」ボタンを挿入したい箇所に[リンク]コンテンツから[続きを読むボタン]を選択>必要な設定をして[追加]

ボタンのテキストは未入力で追加すると、1 で設定したデフォルトテキストが表示されます。
「ボタンを中心に置く」にチェックを入れると、左右中央にボタンを配置します。

ボタンを追加したら、表示制限を掛けるコンテンツの直前に移動させます。

「続きを読む」の注意点

記事の続きが隠れていると気になって読みたくなりますよね。新規会員獲得のためには有効な手段です。
ですが、SEO対策とは相性が良くありません。記事の一部が隠れていることで、正確なページ評価に影響が出る可能性があります。ペナルティの対象にはならないものの、自然検索されにくくなることがありますので、戦略的に活用してください。

こちらの記事もどうぞ

ユーザーの新規登録を有効にする設定はこちらをご覧ください。

「新規登録」の有効な使い方 | CREAMサポートブログ

https://media.cream-cms.com/blog/articles/23

メディア構築CMSのCREAMには「新規登録」の機能があります。会員限定サイトが目的ではないのにどう使うのか質問を受けることがありますので、活用方法を解説します。

CREAMに関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求は下記のフォームからお気軽にお申し付けください。

CREAMお問い合わせフォームへ
不用品回収 タスクル

最新の投稿


Googleアナリティクス(GA4)をCREAMに設定する

Googleアナリティクス(GA4)をCREAMに設定する

Googleアナリティクスは、メディアの運営上、必須ともいえるアクセス解析ツールです。CREAMの管理画面からGoogleアナリティクスのタグを設置して、アクセス解析を始めましょう。


Googleアナリティクス(GA4)に切り替える

Googleアナリティクス(GA4)に切り替える

Googleアナリティクスは、2023年7月1日に「ユニバ―サルアナリティクス(UA)」から「Googleアナリティクス4(GA4)」に変わります。UAを利用している場合は、GA4への切り替えが必要です。CREAMでUAを利用している方向けに、GA4への切り替え方法をご案内します。


CREAM管理『デザイン設定』について

CREAM管理『デザイン設定』について

『デザイン設定』では主にサイトのHOME画面の見た目を調整します。


【初期設定】サイト公開後の『基本設定』について

【初期設定】サイト公開後の『基本設定』について

CREAMが納品されたら、まずはサイトにまつわる基本的な設定を行います。管理画面の基本設定画面で各種項目を入力してください。


オウンドメディア構築の具体例

オウンドメディア構築の具体例

「オウンドメディア」という言葉が、一般企業でも聞かれるようになってきました。もとはマーケティング専門の用語だったものが幅広く浸透しつつあるのが昨今の状況です。 Web制作会社やコンサルティング会社から「オウンドメディア活用」の提案が増え、それにともなって広い業種でオウンドメディアに相当するWebサイトが構築・制作・運用されています。先行して取り組み、ノウハウの蓄積とともにオウンドメディアで成功し、業績を上げた会社はライバルに大きな差をつけています。


不用品回収 タスクル

ページTOPへ