CREAMサポートブログ | はじめてのメディアサイト運用に

【CREAM】12月のアップデート内容詳細

【CREAM】12月のアップデート内容詳細

CREAM標準パッケージを対象とした、2019年12月のアップデート内容の詳細についてお知らせします。


今回のアップデート内容は、一部の機能追加と、何件かの不具合の修正です。

機能追加

FAQコンテンツ作成機能

FAQリッチリザルトとして登録する場合のチェック

FAQ(よくある質問)コンテンツを作成するための機能を追加しました。

Googleの検索結果に表示されるときにリッチリザルト(特殊な検索結果)として表現されるよう、構造化データを含めた形で出力されます。検索結果で上位表示された際に、リッチリザルトになるようです。

CREAM上では、「見出し」コンテンツ作成時に「FAQリッチリザルトとして登録する」のチェックを付けることで、FAQコンテンツとして扱われます。

【事例紹介】FAQリッチリザルトで検索トラフィックが対前年比141% | 海外SEO情報ブログ

https://www.suzukikenichi.com/blog/suntory-has-increased-search-traffic-by-141-percent-after-implementing-faq/

FAQ(よくある質問)のリッチリザルトの成功事例を紹介する。サントリーは、検索結果での FAQ リッチリザルトの表示により、Google 検索からのトラフィックを対前年比で約 4 割増加させた。

実際に、Googleの検索結果にリッチリザルトとして表示された例が以下です。

【関連記事】構造化データを使ってリッチリザルト対応をしましょう。まずはFAQの活用を | CREAMサポートブログ

https://media.cream-cms.com/blog/articles/43

Googleは、検索エンジンが理解しやすいHTMLタグに記述する特殊なコードである構造化データの利用を推奨しています。構造化データで記述することでリッチリザルトが表示され、検索ユーザーの目に触れやすくなります。メディア構築CMSのCREAMなら初めから機能が用意されています。

キーワードオートコンプリート機能

記事作成のキーワード入力の際に、既に存在するキーワードの候補リストが表示されるようになりました。

これによって、類似キーワードの重複を防止したり、キーワードの表記揺れの改善ができます。

もし、類似したキーワードが複数あることが見つかり修正したい場合は、キーワード編集画面に「キーワードの統合」機能が用意してあります。

画像の遅延読み込み(デフォルト対応)

このように、テキストが先に読み込まれ、あとから画像が表示されます。

サムネイルやアイコンも、遅れて表示される場合があります。

これまでは画像の遅延読み込みの設定は任意の設定でしたが、デフォルト設定に変更となりました。

画像を遅延読み込みさせることで、ページ表示の体感速度が改善されたり、Googleのページスピードインサイトの点数アップが期待できます。

Amazon商品検索APIの更新

Amazonアソシエイト(アフィリエイト)の商品検索機能で利用されているAPIのバージョンアップを行いました。

商品検索は、CREAM管理画面->アフィリエイト設定、でAmazonを「使用する」に変更したのち、Aws access key などを登録することで利用可能です。

記事作成時に「商品」コンテンツを選択すると、商品検索ができるようになります。

メディア構築CMSを使ったアフィリエイトの始め方(Amazon編) | CREAMサポートブログ

https://media.cream-cms.com/blog/articles/19

広告収益型のメディアサイトで実績が多いCREAMには、アドネットワーク広告以外にもアフィリエイト活用の機能が標準で用意されています。今回はAmazonアソシエイト向けの機能を紹介します。

※Amazonの商品検索機能をご利用のサイトは必ずご確認ください。
PA-API v5移行ガイド
https://affiliate.amazon.co.jp/help/node/topic/GZH32YX29UH5GACM

↓↓↓↓↓ 以下要確認です ↓↓↓↓↓↓

過去にAWSで発行したAWS認証キー(AWSアクセスキー、AWSシークレットキー)をご利用の場合、PA-API v5ではご利用いただけません。 新たに アソシエイト・セントラルのPA-APIページ にて、認証キー(アクセスキー、シークレットアクセスキー)を取得してご利用ください。 アクセスキーを取得するには、アカウントのメインユーザーである必要がありますのでご注意ください。

より詳しい解説は Migrating your PA-API Account from your AWS Account をご確認ください(英語版のみ)。

なお、現在すでにアソシエイト・セントラルにて発行したPA-API認証キーをご利用の場合( PA-APIページ にアクセスした際に表示されるアクセスキーを利用している場合)は対応は必要ありません。

アソシエイト・セントラルにて発行したPA-API認証キーをご利用の場合( PA-APIページ にアクセスした際に表示されるアクセスキーを利用している場合)は対応の必要はないようですが、念のためご確認くださいませ。

不具合修正

特集の表示が崩れる問題を修正

AMPページの設定不備を修正

パンくずリストの設定不備を修正(記事一覧、人気の記事一覧ページ)

コンテンツが存在しない記事の表示不具合修正

存在しないページにアクセスした場合のリダイレクト不具合修正

CREAMに関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求は下記のフォームからお気軽にお申し付けください。

CREAMお問い合わせフォームへ
不用品回収 タスクル

関連する投稿


UXの新指標「コアウェブバイタル」対応

UXの新指標「コアウェブバイタル」対応

Google は、2021年6月からUXの新指標「コアウェブバイタル」を検索結果の表示順位に反映させると発表しました。 CREAMは、この「コアウェブバイタル」にもいち早く対応。 ページスピードインサイトで確認すると、高いスコアを出していることが分かります。


キーワード(タグ)の機能説明③:多階層構造の管理とパンくずリスト

キーワード(タグ)の機能説明③:多階層構造の管理とパンくずリスト

企業ブログやオウンドメディアサイトでよく活用される、記事のラベル分類やタグ付けの「キーワード」機能を説明しながら、便利な活用Tipsなども紹介します。その3。


カテゴリーの機能説明と便利な活用方法③

カテゴリーの機能説明と便利な活用方法③

ブログやメディアサイトで必須となる、記事の分類やメニューの「カテゴリー」機能を説明しながら、便利な活用Tipsなども紹介します。その3。


構造化データを使ってリッチリザルト対応をしましょう。まずはFAQの活用を

構造化データを使ってリッチリザルト対応をしましょう。まずはFAQの活用を

Googleは、検索エンジンが理解しやすいHTMLタグに記述する特殊なコードである構造化データの利用を推奨しています。構造化データで記述することでリッチリザルトが表示され、検索ユーザーの目に触れやすくなります。メディア構築CMSのCREAMなら初めから機能が用意されています。


記事本文を装飾するには?ビジュアルエディターの使い方②

記事本文を装飾するには?ビジュアルエディターの使い方②

CREAMの記事作成に機能追加された、HTMLを書かなくても簡単に太字や色付けなどの装飾ができるビジュアルエディター機能を説明します。今回は後編です。


最新の投稿


Googleアナリティクス(GA4)をCREAMに設定する

Googleアナリティクス(GA4)をCREAMに設定する

Googleアナリティクスは、メディアの運営上、必須ともいえるアクセス解析ツールです。CREAMの管理画面からGoogleアナリティクスのタグを設置して、アクセス解析を始めましょう。


Googleアナリティクス(GA4)に切り替える

Googleアナリティクス(GA4)に切り替える

Googleアナリティクスは、2023年7月1日に「ユニバ―サルアナリティクス(UA)」から「Googleアナリティクス4(GA4)」に変わります。UAを利用している場合は、GA4への切り替えが必要です。CREAMでUAを利用している方向けに、GA4への切り替え方法をご案内します。


CREAM管理『デザイン設定』について

CREAM管理『デザイン設定』について

『デザイン設定』では主にサイトのHOME画面の見た目を調整します。


【初期設定】サイト公開後の『基本設定』について

【初期設定】サイト公開後の『基本設定』について

CREAMが納品されたら、まずはサイトにまつわる基本的な設定を行います。管理画面の基本設定画面で各種項目を入力してください。


オウンドメディア構築の具体例

オウンドメディア構築の具体例

「オウンドメディア」という言葉が、一般企業でも聞かれるようになってきました。もとはマーケティング専門の用語だったものが幅広く浸透しつつあるのが昨今の状況です。 Web制作会社やコンサルティング会社から「オウンドメディア活用」の提案が増え、それにともなって広い業種でオウンドメディアに相当するWebサイトが構築・制作・運用されています。先行して取り組み、ノウハウの蓄積とともにオウンドメディアで成功し、業績を上げた会社はライバルに大きな差をつけています。


不用品回収 タスクル

ページTOPへ