CREAMサポートブログ | はじめてのメディアサイト運用に

メディア構築CMSを使ったアフィリエイトの始め方(Amazon編)

メディア構築CMSを使ったアフィリエイトの始め方(Amazon編)

広告収益型のメディアサイトで実績が多いCREAMには、アドネットワーク広告以外にもアフィリエイト活用の機能が標準で用意されています。今回はAmazonアソシエイト向けの機能を紹介します。


メディアサイトで収益をあげるには

メディアサイト(オウンドメディア、ブログメディア、記事メディア、バーティカルメディアなどの総称です)では、ビジネス上のゴール(=コンバージョン)として主に3パターンが考えられます。

・自社のブランディングや会員囲い込み
・自社サービスサイトへの送客、メルマガ登録への誘導
・広告収益(アドネットワーク、アフィリエイト、純広告)

このうち、メディア構築CMS「CREAM」活用として、記事内広告「コンテンツウィジェット」機能を使った広告表示についてはこちらの記事で紹介しました。
https://media.cream-cms.com/blog/articles/16

今回は広告収益のうち、アフィリエイトの機能について紹介します。

広告収益アップ!メディア記事内広告「コンテンツウィジェット」の使い方

https://media.cream-cms.com/blog/articles/16

広告収益型のメディアサイトで実績が多いCREAMには、広告掲載場所を設定する「ウィジェット」という機能が3種類あります。その中で、使い方次第で広告収益改善が期待できる記事内広告「コンテンツウィジェット」機能を紹介します。

アフィリエイトの種類

成果報酬型

成果報酬型アフィリエイトとは、その名前のとおり、広告を通じてサービス申込や物品購入などにより商品が売れてはじめて報酬になるアフィリエイトです。ほとんどのアフィリエイトがこれに当てはまります。

クリック報酬型

クリック報酬型アフィリエイトとは、広告主に利益が発生したかどうかに関係なく、商品を紹介する広告をクリックしてもらうだけで報酬になるアフィリエイトです。

表示報酬型

アフィリエイトタグや画像が埋め込まれているページが閲覧者によって表示されるだけで報酬になるアフィリエイトです。インプレッション型ともいわれます。

ハイブリッド型

成果報酬型やクリック報酬型、表示報酬型を組み合わせたアフィリエイトです。

簡単にはじめるならAmazonアソシエイト

個人でもはじめやすく、成果が出るまでの期間が短いこと。また対象商品がイメージしやすいのが物販アフィリエイトの特徴です。

このうち、一番身近な成果報酬型アフィリエイトがアマゾンの『Amazonアソシエイト』です。誰もが知るECサイトAmazonの商品を紹介して、購入されたらその数%が報酬になる仕組みです。

Amazonにはブランド力があり、ネット通販をする多くの人が利用しているため、商品が売れやすいという強みがあります。

CREAMからAmazonのアフィリエイト設定

メディア構築CMS「CREAM」には、はじめから標準で『Amazonアソシエイト』のための機能が用意されています。

まずは公式サイトでアカウントを取得します。
https://affiliate.amazon.co.jp

『Amazonアソシエイト』のための「PA-API」(Product Advertising API)を使うため、認証キーを取得します。
https://affiliate.amazon.co.jp/help/node/topic/GBRCD467W33NMWLD
https://blog-and-destroy.com/14353

Aws access key
Aws secret key
Aws associate tag

この3点をCREAM管理画面の「アフィリエイト設定」に登録します。

Amazonアフィリエイト設定の画面

記事にアフィリエイト広告を設置する流れ

記事作成からアフィリエイト商品のボタン

記事作成画面から、下部のコンテンツボックスの「商品」ボタンを選択します。

CREAMのAmazonアフィリエイト機能の商品検索画面

商品ページのAmazonタブから、商品を検索します。

商品カテゴリーを選択してキーワードを入れて検索。

対象商品を選ぶと画面が切り替わり、記事作成画面に追加入力可能なフォームが出てきます。

必要に応じて説明などを追加します。

※価格の欄には「○年○月○日時点」と入れると良いそうです。

CREAM記事作成のアフィリエイト貼り付け後の表示

すると、記事に商品画像とタイトル、価格、購入ボタンが挿入されました。

この購入ボタンのリンクURLには、アソシエイトタグが含まれています。

これで、該当記事にアクセスがあり、「購入する」ボタンから実際にAmazonの商品が購入されると、Amazonアソシエイトの売上レポートに商品名が出てきます。

そののち、Amazonから報酬が支払われます。

Amazonアソシエイトの注意点

「PA-API」は、Amazonの商品情報を提供してくれる便利な公式APIです。このAPIのおかげで商品検索がCMS上から行えるようになっています。

ですが、2019年1月に利用ポリシーの変更があり、一定条件を満たしていないと利用できなくなりました。

2019年01月23日以降、過去30日以内のPA-API経由の売上実績(発送済み商品売上)がない場合、PA-APIへのアクセスができなくなる可能性がございます。

一部、ネット上の情報などでは
『PA-API経由でなく「通常の商品リンク」で売上実績が発生したところ、PA-APIが利用できるようになった』
との情報もあります。

Amazonアソシエイトについては仕様変更も多いため、試行錯誤しながらご利用いただければと思います。

この記事のライター

関連する投稿


Googleマイビジネスを活用したGoogleマップ埋め込みをスポットページに

Googleマイビジネスを活用したGoogleマップ埋め込みをスポットページに

メディア構築CMS「CREAM」のスポットページ作成機能を使う際に、自社名や店舗名が表示されたGoogleマップを埋め込む方法があります。Googleマイビジネスの説明と合わせて紹介します。


サーチコンソールに自分のサイトを登録する方法(所有権確認)

サーチコンソールに自分のサイトを登録する方法(所有権確認)

Googleサーチコンソール(Search Console)は、Googleが提供するWebサイト管理者向けの無料ツールです。サイトに訪問するユーザーがどのキーワードで検索されているか、サイトに致命的な問題が発生していないか、などの状態を確認でき、SEOに関する項目をチェックすることができます。


企業ブログのCVアップにMAツール活用を(SATORI編)

企業ブログのCVアップにMAツール活用を(SATORI編)

企業のオウンドメディアやブログへの導入が進むメディア構築CMS「CREAM」を使う際に、効果が高まる外部サービスとの組み合わせ活用の紹介です。今回はCVアップにMAツール「SATORI」のポップアップフォームを導入します。


「新規登録」の有効な使い方

「新規登録」の有効な使い方

メディア構築CMSのCREAMには「新規登録」の機能があります。会員限定サイトが目的ではないのにどう使うのか質問を受けることがありますので、活用方法を解説します。


メディア構築CMSを使ったアフィリエイトの始め方(ASP編)

メディア構築CMSを使ったアフィリエイトの始め方(ASP編)

広告収益型のメディアサイトで実績が多いCREAMには、アドネットワーク広告以外にもアフィリエイト活用の機能が標準で用意されています。今回はASPの管理画面を使って具体的な設定例を紹介します。


最新の投稿


Googleマイビジネスを活用したGoogleマップ埋め込みをスポットページに

Googleマイビジネスを活用したGoogleマップ埋め込みをスポットページに

メディア構築CMS「CREAM」のスポットページ作成機能を使う際に、自社名や店舗名が表示されたGoogleマップを埋め込む方法があります。Googleマイビジネスの説明と合わせて紹介します。


構造化データを使ってリッチリザルト対応をしましょう。まずはFAQの活用を

構造化データを使ってリッチリザルト対応をしましょう。まずはFAQの活用を

Googleは、検索エンジンが理解しやすいHTMLタグに記述する特殊なコードである構造化データの利用を推奨しています。構造化データで記述することでリッチリザルトが表示され、検索ユーザーの目に触れやすくなります。メディア構築CMSのCREAMなら初めから機能が用意されています。


記事本文を装飾するには?ビジュアルエディターの使い方②

記事本文を装飾するには?ビジュアルエディターの使い方②

CREAMの記事作成に機能追加された、HTMLを書かなくても簡単に太字や色付けなどの装飾ができるビジュアルエディター機能を説明します。今回は後編です。


記事本文を装飾するには?ビジュアルエディターの使い方①

記事本文を装飾するには?ビジュアルエディターの使い方①

CREAMの記事作成に機能追加された、HTMLを書かなくても簡単に太字や色付けなどの装飾ができるビジュアルエディター機能を説明します。今回は前編です。


初期管理者やログインユーザー追加の使い方

初期管理者やログインユーザー追加の使い方

CREAM環境構築が終わり、初期管理者で管理画面にログインできるようになったら、まずは他のログインユーザーを追加登録しましょう。


 

ページTOPへ