CREAMサポートブログ | はじめてのメディアサイト運用に

IPアドレスとドメインの関連付け(DNS設定)

IPアドレスとドメインの関連付け(DNS設定)

ご用意いただいたドメインでサイトを表示するには、IPアドレスとドメインを関連付ける必要があります。ここではお名前.comでの設定例を解説します。


DNS関連機能の設定:DNSレコード設定について

DNSは、ドメイン(xxx.com, xxx.jp など)とIPアドレス(123.456.1.1など)を関連付ける仕組みです。この設定を行うことで xxx.com でアクセスした場合に、関連付けしているIPアドレスのサイトを表示することができます。

お名前.comでの設定例

1. ログインを行います。

2. DNSタブをクリック

[更新手続きをお忘れではございませんか?]
とポップアップが表示されますが、「更新画面から移動する」を選択。

3. ドメインのDNS関連機能設定へ

ドメインのDNS関連機能設定を選択。

4. 対象のドメイン名を選択し、次へ

5. [DNSレコード設定を利用する]の【設定する】をクリック

6. 入力画面に各情報を入力。(Aレコード設定の場合)

6-1. ドメイン名が domain.com の場合の入力例

【ホスト名】: 空白
【TYPE】: A
【TTL】: 3600
【VALUE】: xx - xxx - xxx - xx (IPアドレスを入力)
【状態】: 有効

6-2. サブドメイン設定を希望の場合 (xxx.domain.com)

xxx.domain.comの場合は
ホスト名に xxx を入力します。

6-3. 各レコードについて

※各レコードの意味についてはこちらをご確認ください。

7. 追加ボタンをクリック。登録済レコードに入力した情報が表示されます。

8. 内容をご確認のうえ『確認画面へ進む』ボタンをクリック

9. 確認画面が表示されます。

入力内容に誤りがないことを確認いただき、『設定する』ボタンをクリックしてください。

10. 完了画面が表示され。DNSの設定は完了です。

この記事のライター

関連する投稿


初期管理者やログインユーザー追加の使い方

初期管理者やログインユーザー追加の使い方

CREAM環境構築が終わり、初期管理者で管理画面にログインできるようになったら、まずは他のログインユーザーを追加登録しましょう。


メディアサイト管理者は必見!ads.txt の設定方法

メディアサイト管理者は必見!ads.txt の設定方法

なりすまし広告詐欺を防ぐ仕組みの「ads.txt(アズテキスト)」を設定する方法を説明します。未対応の場合はGoogleアドセンスの管理画面に警告が出ることもあります。アドネットワーク広告を設定するサイト管理者であれば必ずご確認ください。


メディア構築CMSでSSL対応を行うまでの流れ

メディア構築CMSでSSL対応を行うまでの流れ

HTTPS化(常時SSL化)が必要な理由と、メディア構築CMS「CREAM」でSSL対応を行うまでの流れを、おすすめのSSL証明書サービスとともに説明します。


「新規登録」の有効な使い方

「新規登録」の有効な使い方

メディア構築CMSのCREAMには「新規登録」の機能があります。会員限定サイトが目的ではないのにどう使うのか質問を受けることがありますので、活用方法を解説します。


Basic認証の設定について

Basic認証の設定について

ベーシック認証は、サイトにアクセス制限をかけることができる機能です。 サイトのオープン前や、他人にサイトにアクセスされたくない場合に活用ください。


最新の投稿


オウンドメディアに使いやすいフォームサービスを導入(formrun編)

オウンドメディアに使いやすいフォームサービスを導入(formrun編)

企業のオウンドメディアやブログへの導入が進むメディア構築CMS「CREAM」を使う際に、効果が高まる外部サービスとの組み合わせ活用の紹介です。今回はCVアップやコミュニケーション促進に、フォームサービス「formrun」を埋め込み導入します。


Googleマイビジネスを活用したGoogleマップ埋め込みをスポットページに

Googleマイビジネスを活用したGoogleマップ埋め込みをスポットページに

メディア構築CMS「CREAM」のスポットページ作成機能を使う際に、自社名や店舗名が表示されたGoogleマップを埋め込む方法があります。Googleマイビジネスの説明と合わせて紹介します。


構造化データを使ってリッチリザルト対応をしましょう。まずはFAQの活用を

構造化データを使ってリッチリザルト対応をしましょう。まずはFAQの活用を

Googleは、検索エンジンが理解しやすいHTMLタグに記述する特殊なコードである構造化データの利用を推奨しています。構造化データで記述することでリッチリザルトが表示され、検索ユーザーの目に触れやすくなります。メディア構築CMSのCREAMなら初めから機能が用意されています。


記事本文を装飾するには?ビジュアルエディターの使い方②

記事本文を装飾するには?ビジュアルエディターの使い方②

CREAMの記事作成に機能追加された、HTMLを書かなくても簡単に太字や色付けなどの装飾ができるビジュアルエディター機能を説明します。今回は後編です。


記事本文を装飾するには?ビジュアルエディターの使い方①

記事本文を装飾するには?ビジュアルエディターの使い方①

CREAMの記事作成に機能追加された、HTMLを書かなくても簡単に太字や色付けなどの装飾ができるビジュアルエディター機能を説明します。今回は前編です。


 

ページTOPへ