CREAMサポートブログ | はじめてのメディアサイト運用に

メディア構築CMSでSSL対応を行うまでの流れ

メディア構築CMSでSSL対応を行うまでの流れ

HTTPS化(常時SSL化)が必要な理由と、メディア構築CMS「CREAM」でSSL対応を行うまでの流れを、おすすめのSSL証明書サービスとともに説明します。


記事メディアサイトでもSSL対応は必要

あなたのWebサイトのURLは「https」から始まっていますか?
ブラウザのURL欄の左に「保護されていない通信」などの表示はありませんか?

「http」から始まるURLが「https」になるようにするSSL対応。HTTPS化(常時SSL化)とも呼ばれます。このためにはSSLサーバー証明書の設定が必要です。

「サーバー証明書」とは、「通信の暗号化」「Webサイトの運営者・運営組織の実在証明」の2つの役割をもつ電子証明書です。

GoogleもSSL対応を優先的に評価しています。常時SSLが自然検索の評価ランキングに影響すると述べていて、実際の影響度は明確ではないものの、他のサイトがSSL化が進む中では相対的なこともあり無視することはできないと思います。

個人情報や決済情報のやりとりがない企業ブログや記事中心のメディアサイトであっても、SEOの観点からはぜひSSL対応を行うことをおすすめします。

HTTPS をランキング シグナルに使用します

https://webmaster-ja.googleblog.com/2014/08/https-as-ranking-signal.html

Google フレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報

HTTPS でサイトを保護する - Search Console ヘルプ

https://support.google.com/webmasters/answer/6073543?hl=ja

サイトとユーザーの保護HTTPS とは HTTPS(Hypertext Transfer Protocol Secure)は、ユーザーのパソコンとサイトの間で送受信されるデータの完全性と機密性を

CREAMでは有償オプション対応

お客様側のサーバーエンジニアが対応する場合を除いて、一般的なCREAMスタンダードプランの場合は有償オプションの扱いです。証明書の取得支援からサーバー設置代行までを行います。

CREAM契約時の申込書で選択するか、CREAMカスタマーサポート宛てにSSL対応の依頼をご連絡ください。

ただし、SSL証明書サービスとの契約と入手はお客様にてお願いします。

独自ドメインもSSL証明書も、CMSやサーバーを引っ越しても使えるお客様の資産ですので、お客様側での入手・管理をお願いしています。

おすすめしているSSL証明書サービス

クラウドサーバーに「さくらのクラウド」をおすすめしていることもあり、さくらのSSLで扱いがある中で、一番手軽な「JPRS ドメイン認証型」のSSL証明書の実績が増えています。

商品・価格一覧 | さくらのSSL

https://ssl.sakura.ad.jp/specification/

さくらのSSLで提供するSSLサーバー証明書の一覧ページです。価格、認証レベル、発行スピードなど比較できます。シマンテックやサイバートラスト、グローバルサインなど、さくらインターネットでは豊富なラインアップを取りそろえています。

ドメイン認証型 | さくらのSSL

https://ssl.sakura.ad.jp/jprs/dv.html

JPRSのドメイン認証型証明書は、最短即日発行可能なSSLサーバー証明書です。「.jp」を登録管理するJPRSが発行する安心と信頼の証明書を年間972円のお手頃価格でご提供します。

SSL証明書の入手前に必要な準備

DNS設定

弊社側でCREAMの初期環境構築が完了し次第、サーバーのIPアドレスをお知らせして一次納品します。

その後、お客様側でこのIPアドレスを独自ドメインに関連づける設定をお願いします。

例えば、お名前.comで取得している場合は「お名前.com Naviログイン」からログインして、「DNSレコード設定を利用する」から、AレコードにIPアドレスを設定します。

IPアドレスとドメインの関連付け(DNS設定) | CREAMサポートブログ

https://media.cream-cms.com/blog/articles/11

ご用意いただいたドメインでサイトを表示するには、IPアドレスとドメインを関連付ける必要があります。ここではお名前.comでの設定例を解説します。

すると、独自ドメインのDNS設定が完了して、IPアドレスでなく対象ドメインからCREAMの管理画面にログインできるようになります。

CSR作成

「CSR」と呼ばれる署名情報ファイルを作成するための、事前情報が必要です。

CSRとは、SSLサーバー証明書を発行するための署名要求(Certificate Signing Request)です。
CSRには公開鍵の情報、組織名、所在地などの情報が含まれており、提出したCSRに認証局が認証機関としての署名を行い、証明書として発行します。

以下をお知らせください。

弊社側で、こちらの情報をもとに対象サーバー上でCSRファイルを作成して、お客様に返送します。

【CSR作成に必要な情報】

Country Name
国名
例:JP
State or Province Name
都道府県名
例:Tokyo
Locality Name
市町村名
例:Hachioji
Organization Name
組織名
例:SODA.inc
Organizational Unit Name
組織単位名
例:Media Division
Common Name
コモンネーム
例:www.soda.co.jp


※コモンネームに関して、サブドメインやホスト名がある場合は含めた形でお知らせください。

SSL証明書の入手

おすすめに挙げた「JPRS ドメイン認証型」を例にして説明します。

ドメイン認証型 | さくらのSSL

https://ssl.sakura.ad.jp/jprs/dv.html

JPRSのドメイン認証型証明書は、最短即日発行可能なSSLサーバー証明書です。「.jp」を登録管理するJPRSが発行する安心と信頼の証明書を年間972円のお手頃価格でご提供します。

「今すぐ申し込む」ボタンから進みます。
さくらインターネット会員アカウントあればログインし、アカウントがなければ新規会員登録を行います。

CSRファイルを登録し、クレジットカード払いなど支払方法を設定すると、認証局の審査・承認後に、証明書発行のお知らせメールが送付されます。

このお知らせメールをそのまま弊社に転送してください。
場合によっては、その後のメール転送をお願いすることもありますので、CREAMカスタマーサポートからの連絡を確認してください。

必要なSSL証明書ファイルが入手でき次第、弊社側で対象サーバーに設置し、リダイレクト設定も行います。

ブラウザでSSL対応の確認

CREAMカスタマーサポートから作業完了の連絡が届きますので、ブラウザで対象のURLにアクセスしてください。

ブラウザのURL欄に鍵マークが付いていること、また、その中の証明書情報が契約したSSL証明書になっていることを確認できるかと思います。また、URL欄を書き換えて「http」で各ページにアクセスしてみて、「https」へリダイレクトされることも確認してください。

もし、これまでに作成した記事内で、URLが「http」のリンクを貼っている場合は、「https」に書き換えましょう。

また、もしGoogleサーチコンソールに「http」サイトを登録している場合は、「https」サイトも登録しましょう。httpとhttpsは別ページとして判断されるためです。注意しましょう。

これまでの説明で不明な点がありましたら、以下のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

CREAMお問い合わせフォーム

この記事のライター

関連する投稿


初期管理者やログインユーザー追加の使い方

初期管理者やログインユーザー追加の使い方

CREAM環境構築が終わり、初期管理者で管理画面にログインできるようになったら、まずは他のログインユーザーを追加登録しましょう。


メディアサイト管理者は必見!ads.txt の設定方法

メディアサイト管理者は必見!ads.txt の設定方法

なりすまし広告詐欺を防ぐ仕組みの「ads.txt(アズテキスト)」を設定する方法を説明します。未対応の場合はGoogleアドセンスの管理画面に警告が出ることもあります。アドネットワーク広告を設定するサイト管理者であれば必ずご確認ください。


サーチコンソールに自分のサイトを登録する方法(所有権確認)

サーチコンソールに自分のサイトを登録する方法(所有権確認)

Googleサーチコンソール(Search Console)は、Googleが提供するWebサイト管理者向けの無料ツールです。サイトに訪問するユーザーがどのキーワードで検索されているか、サイトに致命的な問題が発生していないか、などの状態を確認でき、SEOに関する項目をチェックすることができます。


特定のURLを素早くインデックスさせる方法

特定のURLを素早くインデックスさせる方法

記事の公開や更新した際など、検索結果に早く反映させたいケースはありませんか。そんな時はGoogleサーチコンソールの「URL検査」を使うと実現できます。


「新規登録」の有効な使い方

「新規登録」の有効な使い方

メディア構築CMSのCREAMには「新規登録」の機能があります。会員限定サイトが目的ではないのにどう使うのか質問を受けることがありますので、活用方法を解説します。


最新の投稿


オウンドメディアに使いやすいフォームサービスを導入(formrun編)

オウンドメディアに使いやすいフォームサービスを導入(formrun編)

企業のオウンドメディアやブログへの導入が進むメディア構築CMS「CREAM」を使う際に、効果が高まる外部サービスとの組み合わせ活用の紹介です。今回はCVアップやコミュニケーション促進に、フォームサービス「formrun」を埋め込み導入します。


Googleマイビジネスを活用したGoogleマップ埋め込みをスポットページに

Googleマイビジネスを活用したGoogleマップ埋め込みをスポットページに

メディア構築CMS「CREAM」のスポットページ作成機能を使う際に、自社名や店舗名が表示されたGoogleマップを埋め込む方法があります。Googleマイビジネスの説明と合わせて紹介します。


構造化データを使ってリッチリザルト対応をしましょう。まずはFAQの活用を

構造化データを使ってリッチリザルト対応をしましょう。まずはFAQの活用を

Googleは、検索エンジンが理解しやすいHTMLタグに記述する特殊なコードである構造化データの利用を推奨しています。構造化データで記述することでリッチリザルトが表示され、検索ユーザーの目に触れやすくなります。メディア構築CMSのCREAMなら初めから機能が用意されています。


記事本文を装飾するには?ビジュアルエディターの使い方②

記事本文を装飾するには?ビジュアルエディターの使い方②

CREAMの記事作成に機能追加された、HTMLを書かなくても簡単に太字や色付けなどの装飾ができるビジュアルエディター機能を説明します。今回は後編です。


記事本文を装飾するには?ビジュアルエディターの使い方①

記事本文を装飾するには?ビジュアルエディターの使い方①

CREAMの記事作成に機能追加された、HTMLを書かなくても簡単に太字や色付けなどの装飾ができるビジュアルエディター機能を説明します。今回は前編です。


 

ページTOPへ