CREAMサポートブログ | はじめてのメディアサイト運用に

最新の投稿


new

Basic認証の設定について

new

【初心者向け】メディアCMSで送客誘導バナーを設置する方法


メディア構築CMSを使ったアフィリエイトの始め方(Amazon編)

メディア構築CMSを使ったアフィリエイトの始め方(Amazon編)

広告収益型のメディアサイトで実績が多いCREAMには、アドネットワーク広告以外にもアフィリエイト活用の機能が標準で用意されています。今回はAmazonアソシエイト向けの機能を紹介します。


メディア構築向けクラウドサーバーの選び方とサーバー準備の流れ

メディア構築向けクラウドサーバーの選び方とサーバー準備の流れ

メディア構築CMSの「CREAM」は、お客様サイトの予算や成長に合わせて柔軟にインフラを選択できるよう、サーバー導入型ソフトウェアパッケージとして提供しています。推奨するクラウドサーバーとそのプラン選択や設定について説明します。


企業ブログに最適なCMSの選び方

企業ブログに最適なCMSの選び方

企業がブランディングや採用活動の一環、あるいは自社商品の販促を目的に、自社サイトの中に記事メディアを構築して、継続的な更新によるサイト運営を行うケースが増えています。 ここでは、個人ブログや広告収益型メディアと分けるため、上記のような用途のメディアサイトを『企業ブログ』と呼ぶことにします。では企業ブログにマッチするCMSツールを考えてみましょう。


広告収益アップ!メディア記事内広告「コンテンツウィジェット」の使い方

広告収益アップ!メディア記事内広告「コンテンツウィジェット」の使い方

広告収益型のメディアサイトで実績が多いCREAMには、広告掲載場所を設定する「ウィジェット」という機能が3種類あります。その中で、使い方次第で広告収益改善が期待できる記事内広告「コンテンツウィジェット」機能を紹介します。


メディア事業に参入するならバーティカルメディアがおすすめ

メディア事業に参入するならバーティカルメディアがおすすめ

最近話題のバーティカルメディアの具体的な情報をお届けします。ポータルサイトや大手メディアサイトと違い、小規模チームの運用に向いた「分野特化メディア」こそ、SEOに強く、検索者のニーズにマッチします。分野特化したオウンドメディア=バーティカルメディアにおいて独自性を発揮していくことができる上に、読み手の興味関心もGoogleの評価もより高く得られやすいでしょう。


メディアサイト管理者は必見!ads.txt の設定方法

メディアサイト管理者は必見!ads.txt の設定方法

なりすまし広告詐欺を防ぐ仕組みの「ads.txt(アズテキスト)」を設定する方法を説明します。知らないとGoogleアドセンスの管理画面に警告が出ることもあります。アドネットワーク広告を設定するサイト管理者であれば必ずご確認ください。


IPアドレスとドメインの関連付け(DNS設定)

IPアドレスとドメインの関連付け(DNS設定)

ご用意いただいたドメインでサイトを表示するには、IPアドレスとドメインを関連付ける必要があります。ここではお名前.comでの設定例を解説します。


【初期設定】サイト公開後の『基本設定』について

【初期設定】サイト公開後の『基本設定』について

サイトにまつわる基本的な設定を行います。


SEOのはじめの一歩!Googleにsitemapを送信する方法

SEOのはじめの一歩!Googleにsitemapを送信する方法

新サイトオープン時など、Googleにサイトマップ(sitemap.xml)を送ることでインデックスされやすくなります。CREAMには標準でサイトマップ機能があるため、サーチコンソールに登録する方法をご案内します。


サーチコンソールに自分のサイトを登録する方法(所有権確認)

サーチコンソールに自分のサイトを登録する方法(所有権確認)

Googleサーチコンソール(Search Console)は、Googleが提供するWebサイト管理者向けのツールであり、サイトに訪問するユーザーがどのキーワードで検索されているか、サイトに致命的な問題が発生していないか、などの状態を確認でき、SEOに関する項目をチェックすることができます。


サイトデザイン設定

サイトデザイン設定

主にサイトのHOME画面の見た目を調整します。


Googleアナリティクスをメディア構築CMSのCREAMと連携させるには

Googleアナリティクスをメディア構築CMSのCREAMと連携させるには

Google Analytics(Googleアナリティクス=GA)とは、メディアの運営上、必須ともいえるアクセス解析ツールです。CREAMの管理画面に「トラッキングID」を登録する場所が用意されています。


ページTOPへ