CREAMサポートブログ | はじめてのメディアサイト運用に

メディアサイト管理者は必見!ads.txt の設定方法

メディアサイト管理者は必見!ads.txt の設定方法

なりすまし広告詐欺を防ぐ仕組みの「ads.txt(アズテキスト)」を設定する方法を説明します。未対応の場合はGoogleアドセンスの管理画面に警告が出ることもあります。アドネットワーク広告を設定するサイト管理者であれば必ずご確認ください。


ads.txtとは?

コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ads.txt(アズテキスト)は、「広告の透明性を高める」仕組みです。これを設定することによって、悪質なボットによる不正なクリックや、インプレッションの水増しが行われたり、なりすましサイトに不当な広告料が支払われることを防止することができます。

具体的には、Googleアドセンスなどアドネットワーク広告サービスが提供している「サイト運営者IDが組み込まれた一文」を含むtxtファイルを、指定の場所に設置することが求められます。

ads.txtが必要になった背景と設置方法のルール

広告詐欺を減らすための仕組みがads.txtなのですが、必要になった背景や設置ルールがわかりにくいという話をよく聞きます。

RTBを悪用した広告詐欺(アドフラウド)の出現が背景にあり、広告サービスが発行するアカウントIDが適切なものかがチェックされることで、第三者により成りすましを防ぐことで対策としています。

また、ads.txtの設置方法にもいくつかルールがあります。
・ads.txtはルートドメインに設置する
・3つもしくは4つの情報をカンマ区切りで記載し1行ずつ記述する

下記のページで詳しく説明されています。

話題の「ads.txt」っていったい何? 広告主なら必ず知っておきたい広告不正の手口と基礎知識 | Web担当者Forum

https://webtan.impress.co.jp/e/2018/02/08/28001

「ads.txt」はオンライン広告の不正を減らすための仕組みです。ads.txtがなぜ必要なのか、実際の設置方法やよくある間違いを解説します。

CREAMで設定する場合

入力内容はサンプルです。

メディア構築CMSの「CREAM」導入サイトの場合、管理画面から簡単に設定できます。
【管理ツール】> 【設定タブ(ナビゲーションバー)】> 【ads.txtの設定】

ads.txtの内容は、下記のURLからブラウザで確認できます。
https://"CREAMサイトのTOPドメイン"/ads.txt

アカウントIDの取得や実際の記述方法については、ご利用の広告サービスにお問い合わせください。

Googleアドセンスの具体設置例

①Googleアドセンスのアカウント情報ページから「サイト運営者ID」を見つけます

以下を参考にしてください。
https://support.google.com/adsense/answer/105516?hl=ja

②以下の0000000000000000部分をサイト運営者IDに置き換えます。
──────────────────────────────
google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0 
──────────────────────────────
③CREAM管理画面のads.txt設定ページの入力フォームに、上記②の「google〜」の1行を貼り付け、変更ボタンを押します。

④ブラウザで対象URLにアクセスして確認します。

https://●●●●/ads.txt

⑤アドセンス内で警告が消えるか確認します(数日かかることもあるそうです)

ads.txtの設定を間違えると?

Googleアドセンスでは、下記のような警告が出て、場合によっては広告が表示されなくなったりするようです。

「要注意 – AdSense サイト運営者 ID が含まれていないads.txt ファイルがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。」

収益低下の可能性がありますので、できるだけ早く、問題の確認を行い設定内容の修正をお願いします。

この記事のライター

関連するキーワード


ads 広告設定 設定に困った

関連する投稿


メディア構築CMSでSSL対応を行うまでの流れ

メディア構築CMSでSSL対応を行うまでの流れ

HTTPS化(常時SSL化)が必要な理由と、メディア構築CMS「CREAM」でSSL対応を行うまでの流れを、おすすめのSSL証明書サービスとともに説明します。


「新規登録」の有効な使い方

「新規登録」の有効な使い方

メディア構築CMSのCREAMには「新規登録」の機能があります。会員限定サイトが目的ではないのにどう使うのか質問を受けることがありますので、活用方法を解説します。


広告収益アップ!メディア記事内広告「コンテンツウィジェット」の使い方

広告収益アップ!メディア記事内広告「コンテンツウィジェット」の使い方

広告収益型のメディアサイトで実績が多いCREAMには、広告掲載場所を設定する「ウィジェット」という機能が3種類あります。その中で、使い方次第で広告収益改善が期待できる記事内広告「コンテンツウィジェット」機能を紹介します。


IPアドレスとドメインの関連付け(DNS設定)

IPアドレスとドメインの関連付け(DNS設定)

ご用意いただいたドメインでサイトを表示するには、IPアドレスとドメインを関連付ける必要があります。ここではお名前.comでの設定例を解説します。


最新の投稿


サムネイル画像の注意すべき点を教えてください

サムネイル画像の注意すべき点を教えてください

メディア構築CMSのCREAMでは、記事にサムネイル画像をセットできます。サムネイル画像は一覧表示だけでなく、メイン画像のように使われるケースもあるため、サイズや内容物の位置に注意が必要です。


サーチコンソールに自分のサイトを登録する方法(所有権確認)

サーチコンソールに自分のサイトを登録する方法(所有権確認)

Googleサーチコンソール(Search Console)は、Googleが提供するWebサイト管理者向けのツールであり、サイトに訪問するユーザーがどのキーワードで検索されているか、サイトに致命的な問題が発生していないか、などの状態を確認でき、SEOに関する項目をチェックすることができます。


特定のURLを素早くインデックスさせる方法

特定のURLを素早くインデックスさせる方法

記事の公開/更新の際に、検索結果に早く反映させたい場合ありますよね?そんな時は「URL検査ツール」を使用ください。


CREAMはじめの設定で必要な画像ファイルを教えてください

CREAMはじめの設定で必要な画像ファイルを教えてください

メディア構築CMS「CREAM」を使い始めるときに、はじめの設定で必要な画像について、サイズやファイル形式を整理して説明します。


記事作成のはじめ方④【スポットページ】

記事作成のはじめ方④【スポットページ】

メディア構築CMS「CREAM」を使って記事を書く流れを説明します。はじめて使う方でもわかるよう、できるだけ丁寧に紹介します。4つ目の記事はスポットページ作成です。


 

ページTOPへ