CREAMサポートブログ | はじめてのメディアサイト運用に

カテゴリーの機能説明と便利な活用方法③

ブログやメディアサイトで必須となる、記事の分類やメニューの「カテゴリー」機能を説明しながら、便利な活用Tipsなども紹介します。その3。


前の記事の続きです。

CREAMのカテゴリー機能に関して、少し踏み込んだ仕様の解説と、活用したらより便利に使えるTipsを紹介します。

Googleの検索結果にカテゴリー名がリッチリザルトが表示される

Google検索結果から直接記事にランディングしてもらうことを想定したメディアサイトでは、読者はほとんどカテゴリーを意識しません。

先の記事では、「カテゴリーは意識されない」と書きましたが、部分的にはカテゴリーが検索流入に貢献するところもあります。

CREAMによって構築された『タスクル』の記事が、Googleの検索結果に表示された例です。

洗濯物を夜に外で干すメリットとデメリット総まとめ | タスクル

https://taskle.jp/media/articles/260

洗濯物を夜に外干しするとどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。ここではメリットとデメリットをわかりやすくご紹介するだけでなく、本当に夜の外干しのほうがいいのか、そして夜に外干しをするときの注意点についてもお伝えしています。

Chromeの「シークレット モード」でアクセスしたGoogleの検索結果です。パンくずリストの構造化データがリッチリザルトとして表示されています。

結果のURL部分について、上段の「ハウスクリーニング」と表示された日本語表記と下の英字表記では、上のほうが認識されやすく、よりクリックされる可能性が高いのではないかと思います。

つまり、検索者の意図が「ハウスクリーニング」に関する内容であれば、認識されやすさもクリックされやすさも向上するはずです。

Googleの「構造化データ テストツール」で確認

Googleの「構造化データ テストツール」で見てみると、CREAMの機能によりカテゴリー名がJSON-LDの構造化データとして記述されていることがわかります。

【関連記事】構造化データを使ってリッチリザルト対応をしましょう。まずはFAQの活用を | CREAMサポートブログ

https://media.cream-cms.com/blog/articles/43

Googleは、検索エンジンが理解しやすいHTMLタグに記述する特殊なコードである構造化データの利用を推奨しています。構造化データで記述することでリッチリザルトが表示され、検索ユーザーの目に触れやすくなります。メディア構築CMSのCREAMなら初めから機能が用意されています。

対象記事の「構造化データ テストツール」のテスト結果表示です。

パンくずリスト(BreadcrumbList)が正しく認識されています。

BreadcrumbListの詳細を開くと、カテゴリー名称が日本語表記のまま入っていることが確認できます。

このように、Googleの検索結果表示にリッチリザルト表示されれば、記事タイトルと一緒にカテゴリー名が表示されます。このことを想定して、クリックされやすいカテゴリー名称を考えることも必要でしょう。

記事を複数のカテゴリーに所属させるには?

例えば『タスクル』には、「インテリア」カテゴリーに引き出しやボックスを使った洋服収納の記事があり、「ハウスクリーニング」カテゴリーにはデスクの引き出しを整理する内容の記事があります。

その上で、新設する「引き出し整理」カテゴリーにも、これらの記事を含めたいとしたらどうでしょう。

一般的にカテゴリーのひも付けは、1つの記事に1つのカテゴリーです。CREAMの仕様もそうなっています。

洋服収納おすすめアイディア60選!おしゃれケース・ボックス・棚・ラック | タスクル

https://taskle.jp/media/articles/797

洋服をスッキリ収納したい・おしゃれに見せる洋服収納を知りたい方はいませんか? 洋服収納は難しいイメージがありますが、洋服収納の悩みを解決する方法をまとめました。洋服収納のアイディア術などご紹介します。

オフィスデスク引き出し整理整頓グッズ10選!おしゃれ・安い | タスクル

https://taskle.jp/media/articles/783

デスクの引き出しを整理整頓していますか? デスクの引き出しは整理できていない方も多いですが整理するとメリットがあります。「デスクの引き出しを整理するコツ」や「コスパ重視で整理」をしたい方は必見です。

こういったケースでカテゴリーは使いにくいため、「タグ付け」機能を使いましょう。カテゴリーは1対1ですが、タグ付けはn対nです。

タグ付けは記事の所属ではなく、記事にいくつものラベルを付けるような仕組みです。そのため、1つの記事に複数のタグを付けることも、複数のタグに重複した複数の記事をひも付けることもできて、自由度高く運用できます。

CREAMでは「キーワード」という機能名称をつけています。

キーワード(タグ)を使った参考例

記事作成画面で、キーワード機能の「引き出し整理」をタグ付けしました。

カテゴリーではなく、「引き出し整理」キーワードに対象の2つの記事が関連付けられている表示です。

パンくずリストに表示されているように、「引き出し整理」キーワードを「不用品回収」カテゴリーに所属させる設定も可能です。

こうやって、カテゴリーやキーワード(タグ)がパンくずリストやメニューリストなどを通じて、緻密に内部リンクでつながっている点も、メディアサイトならではの特徴といえるでしょう。

「キーワード(タグ)」の機能紹介は、以下の記事よりご覧ください。

キーワード(タグ)の機能説明①:記事への設定と一覧表示 | CREAMサポートブログ

https://media.cream-cms.com/blog/articles/51

ブログやメディアサイトでよく活用される、記事のラベル分類やタグ付けの「キーワード」機能を説明しながら、便利な活用Tipsなども紹介します。その1。

 

 

 

この記事のライター

関連する投稿


サイト内で使う画像をアップロードする「画像管理」の使い方

サイト内で使う画像をアップロードする「画像管理」の使い方

管理画面の「画像管理」メニューでは、サイト内で使う画像をアップロードすることができます。バナーやよく使う画像など、サイト全体で共有したい画像を登録しておきましょう。 また、ウィジェットやページ作成で画像を表示するときにも「画像管理」を使います。 「画像管理」での画像の登録の仕方と便利な使い方をご紹介します。


広告にもデザインにも活用!「ウィジェット」の使い方

広告にもデザインにも活用!「ウィジェット」の使い方

バナー画像や広告タグを配置するための機能のひとつ、『ウィジェット』を紹介します。トップページやカテゴリー記事一覧トップなどに表示されるエリアを管理できます。コンバージョン促進など、自由なアイデアで活用していただきたい機能です。


「おすすめ」機能を使って、流れていかない記事の固定表示をしましょう

「おすすめ」機能を使って、流れていかない記事の固定表示をしましょう

任意の記事をまとめて固定表示させる「おすすめ」機能を説明します。ぜひ活用してください。


PR記事(タイアップ広告設定)機能の活用のススメ

PR記事(タイアップ広告設定)機能の活用のススメ

CREAMには標準でマネタイズを支援する機能がいくつも用意されています。そのうちのひとつ、PR記事(タイアップ広告設定)機能をご紹介します。


回遊を高める「関連する投稿」、レコメンド広告の活用

回遊を高める「関連する投稿」、レコメンド広告の活用

メディア構築CMSのCREAMには「関連する投稿」の機能があります。回遊を高める効果もあるため、仕様を説明します。また、同じような効果をもたらすレコメンドウィジェット広告(関連コンテンツ ユニット)についても、活用方法を解説します。


最新の投稿


初期費用半額キャンペーン実施中!

初期費用半額キャンペーン実施中!

SODA株式会社では、withコロナ時代にデジタルマーケティングの活動を行う皆様を支援するため、初期費用を半額にするキャンペーンを実施します。


サイト内で使う画像をアップロードする「画像管理」の使い方

サイト内で使う画像をアップロードする「画像管理」の使い方

管理画面の「画像管理」メニューでは、サイト内で使う画像をアップロードすることができます。バナーやよく使う画像など、サイト全体で共有したい画像を登録しておきましょう。 また、ウィジェットやページ作成で画像を表示するときにも「画像管理」を使います。 「画像管理」での画像の登録の仕方と便利な使い方をご紹介します。


2021年 ゴールデンウィーク休業のお知らせ

2021年 ゴールデンウィーク休業のお知らせ

2021年のゴールデンウィークの弊社休業期間をお知らせします。


企業ブログの成功ポイントと事例

企業ブログの成功ポイントと事例

企業ブログは、オウンドメディアやメールマガジンなど様々なコンテンツマーケティング手法のひとつです。企業ブログの成功のポイントや事例、CMS活用についてまとめました。


CREAMサイトにおけるサブドメインとサブディレクトリの扱い

CREAMサイトにおけるサブドメインとサブディレクトリの扱い

オウンドメディアやWebメディアサイトに特化したCMS「CREAM」の導入時に、サブドメインやサブディレクトリを設定できるのか、といった質問をよく受けるため説明します。


CREAM 初期費用半額キャンペーン

ページTOPへ