CREAMサポートブログ | はじめてのメディアサイト運用に

サーチコンソールに自分のサイトを登録する方法(所有権確認)

サーチコンソールに自分のサイトを登録する方法(所有権確認)

Googleサーチコンソール(Search Console)は、Googleが提供するWebサイト管理者向けの無料ツールです。サイトに訪問するユーザーがどのキーワードで検索されているか、サイトに致命的な問題が発生していないか、などの状態を確認でき、SEOに関する項目をチェックすることができます。


サーチコンソールとは

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービスです。Search Console に登録しなくても Google 検索結果にサイトが表示されるようにすることはできますが、Search Console に登録することで、Google のサイトに対する認識を理解し、改善できるようになります。

サーチコンソールは、検索トラフィックやクローラー状況など、あらゆる視点からサイト管理を行い、サイトの状況を詳しく知ることができる、Googleの無料ツールです。

ここでは、メディアサイト構築CMSの「CREAM」を導入したサイトを、サーチコンソールに登録する(関連づける)設定方法をご案内します。

ポイントは「所有権の確認」の方法です。

サーチコンソールの登録・設定方法

注意事項

Googleサーチコンソールはアップデートや機能変更の頻度が高いため、設定画面やメッセージ内容が変更になることが多くあります。

かならずしも同じ画面や内容でないこともありますので、ご注意ください。


まず、用意したGoogleアカウントで、サーチコンソールにログインします。
Google Search Console

ログイン後に表示された画面の左上の下三角▼から、
「プロパティを追加」のメニューを表示します。

ここに該当サイトトップのURLを登録します。

正しいURLを入力すると、

  確認状態をチェックしています…

とのあとで、「所有権の確認」の画面が表示されます。

もうすでにGoogleアナリティクス(GA)を設定している場合、GAと同じGoogleアカウントでログインしていれば、「あなたは確認済みの所有者です」という表示が出ます。

GAのログイン情報を使って「所有権の確認」を行っているようです。

所有権確認以外のCREAMの対応方法

GAと同じGoogleアカウントでないなど、「所有権の確認」が使えない場合について説明します。

CREAMでは、HTMLファイルをアップロードする方法を使いません。
替わりに「HTML タグ : メタタグをサイトのホームページに追加します」による確認方法を使います。

「HTML タグ : メタタグをサイトのホームページに追加します」のタブを開くと、貼り付け用のメタタグが表示されます。

このタグをコピーして、CREAMの管理画面>基本設定>タグ設定>Headタグ設定下部、に貼り付けます。

CREAMの基本設定ページの変更ボタンを押して更新したのち、サーチコンソールの「確認」ボタンを押して、正しく反映されているかを確認します。


この方法でもうまくいかなった、あるいは方法が理解できなかった、などでCREAMカスタマーサポートに問い合わせたい場合は、以下のボタンからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

この記事のライター

関連する投稿


オウンドメディアに使いやすいフォームサービスを導入(formrun編)

オウンドメディアに使いやすいフォームサービスを導入(formrun編)

企業のオウンドメディアやブログへの導入が進むメディア構築CMS「CREAM」を使う際に、効果が高まる外部サービスとの組み合わせ活用の紹介です。今回はCVアップやコミュニケーション促進に、フォームサービス「formrun」を埋め込み導入します。


Googleマイビジネスを活用したGoogleマップ埋め込みをスポットページに

Googleマイビジネスを活用したGoogleマップ埋め込みをスポットページに

メディア構築CMS「CREAM」のスポットページ作成機能を使う際に、自社名や店舗名が表示されたGoogleマップを埋め込む方法があります。Googleマイビジネスの説明と合わせて紹介します。


特定のURLを素早くインデックスさせる方法

特定のURLを素早くインデックスさせる方法

記事の公開や更新した際など、検索結果に早く反映させたいケースはありませんか。そんな時はGoogleサーチコンソールの「URL検査」を使うと実現できます。


メディア構築CMSでSSL対応を行うまでの流れ

メディア構築CMSでSSL対応を行うまでの流れ

HTTPS化(常時SSL化)が必要な理由と、メディア構築CMS「CREAM」でSSL対応を行うまでの流れを、おすすめのSSL証明書サービスとともに説明します。


企業ブログのCVアップにMAツール活用を(SATORI編)

企業ブログのCVアップにMAツール活用を(SATORI編)

企業のオウンドメディアやブログへの導入が進むメディア構築CMS「CREAM」を使う際に、効果が高まる外部サービスとの組み合わせ活用の紹介です。今回はCVアップにMAツール「SATORI」のポップアップフォームを導入します。


最新の投稿


オウンドメディアに使いやすいフォームサービスを導入(formrun編)

オウンドメディアに使いやすいフォームサービスを導入(formrun編)

企業のオウンドメディアやブログへの導入が進むメディア構築CMS「CREAM」を使う際に、効果が高まる外部サービスとの組み合わせ活用の紹介です。今回はCVアップやコミュニケーション促進に、フォームサービス「formrun」を埋め込み導入します。


Googleマイビジネスを活用したGoogleマップ埋め込みをスポットページに

Googleマイビジネスを活用したGoogleマップ埋め込みをスポットページに

メディア構築CMS「CREAM」のスポットページ作成機能を使う際に、自社名や店舗名が表示されたGoogleマップを埋め込む方法があります。Googleマイビジネスの説明と合わせて紹介します。


構造化データを使ってリッチリザルト対応をしましょう。まずはFAQの活用を

構造化データを使ってリッチリザルト対応をしましょう。まずはFAQの活用を

Googleは、検索エンジンが理解しやすいHTMLタグに記述する特殊なコードである構造化データの利用を推奨しています。構造化データで記述することでリッチリザルトが表示され、検索ユーザーの目に触れやすくなります。メディア構築CMSのCREAMなら初めから機能が用意されています。


記事本文を装飾するには?ビジュアルエディターの使い方②

記事本文を装飾するには?ビジュアルエディターの使い方②

CREAMの記事作成に機能追加された、HTMLを書かなくても簡単に太字や色付けなどの装飾ができるビジュアルエディター機能を説明します。今回は後編です。


記事本文を装飾するには?ビジュアルエディターの使い方①

記事本文を装飾するには?ビジュアルエディターの使い方①

CREAMの記事作成に機能追加された、HTMLを書かなくても簡単に太字や色付けなどの装飾ができるビジュアルエディター機能を説明します。今回は前編です。


 

ページTOPへ